【全品20%OFE】BASE BREADの最安値はこちら!

スープストックは体に悪い?原材料や添加物を調査して分かった事実とは…

スープストックトーキョー
もぐうさ

スープストックって体に悪いの?

みん

原材料や添加物について調査したよ!

スープストックトーキョーは、素材にこだわった贅沢な味わいのスープです。

原材料はほぼ野菜で、化学調味料や保存料といった体に悪い添加物をできるだけ抑えて作られています!

飲みすぎると塩分が過剰になる懸念はありますが、低カロリーで消化もいいので体調の優れない時にもぴったりです♪

自然の旨味が溶け込んだスープストックで、健康で豊かな食生活を始めましょう!

タップできる目次

スープストックが体に悪いと言われる3つの理由

本格的な味でリピーターも多いスープストックですが、体に悪いという噂もあります。

体に悪いといわれている理由について、詳しくみていきましょう。

スープストックの体に悪い疑惑①:添加物が多い?

スープストックが体に悪いと言われる理由の1つ目は、添加物です。

全国各地に店舗をもつほど人気のスープストックですが、その美味しさは添加物によるものではないかと不安に思う人もいるようです。

添加物は食品の色をきれいにしたり、食品を長持ちさせたりするだけでなく、香りや食感を加える役割があります。

スープストックのスープはどれも見た目が美しく、なかなか家庭では再現できない味です。

それゆえに、化学調味料や添加物を使って、美味しさや見た目をよくしているという噂もあったみたいです。

しかし、スープストックは、素材本来の美味しさを届けたいという想いから、余計な添加物をなるべく使わずに作られています。

  • 化学調味料:不使用
  • 保存料:不使用

化学調味料は旨味を人工的に精製した調味料で、保存料は食べものを美味しく保つための添加物です。

どちらも食品の安全性は認められているものの、健康を考えるとなるべく控えたいところ。

スープストックは健康の安全を考えて、人工的な調味料や添加物を使っていません。

スープストックの冷凍は美味しくないという声は少なく、食材本来のいいところを存分に活かし、手間を惜しまずに作られています。

ホームページ上では総原材料を表示しており、食材の産地まで一つずつ記載されています。

100種類以上ある商品をみても、添加物を使ったスープは9種類とごくわずかです。

ここまで徹底していると、スープストックがどれだけ食の安全にこだわっているのが分かりますね♪ 

スープストックの体に悪い疑惑②:カロリーが高そう?

スープストックが体に悪いと言われる理由の2つ目は、カロリーです。

濃厚な味付けのスープもあるため、カロリーが高そうに感じるのかもしれません。

スープストックは、スープだけでももちろん美味しいですが、パンやご飯と一緒に食べることが多いですよね。

スープが美味しいと、ついつい食べ過ぎちゃうことも…。

一見太りやすそうにみえますが、実際は、1食180g入りで80~180kcalとカロリー控えめです。

食パン1枚が約160kcal、ご飯茶碗のふつう盛りで270kcalです。

パンやご飯と一緒に食べても、1食500kcal以下で食べられます。

商品名カロリー炭水化物
オマール海老のビスク177kcal15.5g
食パン(6枚切り)158kcal28.02g
ご飯(ふつう盛り)269kcal59.36g
1袋180gあたり

スープと一緒に食べることで腹持ちがよく、満足感もアップします!

お昼に菓子パン2個やラーメンを食べるよりもずっと低カロリーで、野菜の栄養も摂れます。

よりカロリーを抑えたいなら、白米を玄米に変えたり、雑穀系のパンと合わせたりするとダイエット中の人でも罪悪感少なく食べられますよ♪

スープストックの体に悪い疑惑③:塩分が高いのでは?

スープストックのスープは、塩分が高いのではと心配する人もいます。

パンやご飯と一緒に食べても美味しい、濃い味付けが理由のようです。

スープストックの塩分量は次のとおりです。

商品名塩分量
オマール海老のビスク1.2g
東京ボルシチ1.2g
とうもろこしとさつま芋のスープ0.8g
東京参鶏湯1.2g
オニオンスープ1.6g
北海道産かぼちゃのスープ0.6g
ミネストローネ1.1g
生姜入り和風スープ1.5g

人気の8種類の塩分量は、平均で約1gです。

厚生労働省がまとめた1日の塩分摂取量の目標値は、成人男性で7.5g未満、女性で6.5g未満とされています。

1食当たり2g前後と考えると、スープストックは1食で1gも含まれているため、塩分控えめとはいえないですね。

塩分の摂りすぎは、高血圧、心筋梗塞のリスクを高める原因にもなります。

スープストックは塩分量がやや高いものの、原材料に肉や魚のブイヨンや香味野菜がふんだんに使われています。

出汁や素材の旨味を最大限に引き出すためにも、塩は欠かせません!

どうしても塩分が気になる人は、スープストックを食べた日はあっさりとした食事に変える、塩けの少ないポタージュ系のスープを選ぶといった工夫をするとより健康にいいですね♪

スープストックが体に悪いは嘘!体に悪くない5つの理由

スープストックは体に悪いという噂もありますが、実際は安全にこだわって作られています。

体に悪くない5つの理由をまとめました。

  1. 余計な添加物が入っていない
  2. 低カロリーでヘルシー
  3. 体が温まって水分も摂れる
  4. 国産野菜を多く使っている
  5. 素材の栄養を丸ごと摂れる

それでは、順にみていきましょう。

スープストックは体に悪くない!①:余計な添加物が入っていない

スープストックは、化学調味料や保存料といった、余計な添加物をできる限り抑えて作られています。

人気の8種類のスープの添加物は次のとおりです。

商品名原材料
オマール海老のビスク
東京ボルシチカラメル色素
とうもろこしとさつま芋のスープ
東京参鶏湯
オニオンスープ
北海道産かぼちゃのスープ
ミネストローネ
生姜入り和風スープ

1種類ずつ原材料を調べましたが、添加物が含まれていたのは東京ボルシチのみでした!

他は全て添加物不使用とは、正直びっくりです。

8種類の中で唯一、添加物表記があったカラメル色素は、着色料の一種です。

プリンのカラメルと同じように、砂糖やグルコースを加熱して生成され、食品に色付けしたり、苦味やコクを与えたりする役割があります。

農林水産省では、カラメル色素について次のように説明しています。

褐色に着色させるほかにロースト感やかおり、にがみ、コクをあたえてくれます。
菓子、しょうゆ、ソース、ビール、ブランデーなどに利用されています。

農林水産省

カラメル色素はお菓子や調味料だけでなく、飲料や医薬品と広く使われていることから、比較的安全性の高い添加物といえます。

スープストックは「余計なものを添加しない」という信念をもって、長年商品開発を行ってきました。

添加物がこれだけ少ないのは、食の安全に強いこだわりを持っているからなのですね♪

スープストックは体に悪くない!②:低カロリーでヘルシー

スープストックは、低カロリーでヘルシーです。

8種類のカロリー・脂質は・炭水化物は次のとおりです。

商品名カロリー脂質炭水化物
オマール海老のビスク177kcal11.2g15.5g
東京ボルシチ180kcal10.6g13.9g
とうもろこしとさつま芋のスープ178kcal11.2g13.5g
東京参鶏湯132kcal7.4g6.7g
オニオンスープ87kcal4.3g10.1g
北海道産かぼちゃのスープ153kcal5.4g21.2g
ミネストローネ78kcal2.9g11.3g
生姜入り和風スープ79kcal2.5g9.9g
1袋180gあたり

スープストックのカロリーは1食あたり87~180kcalです。

さらにスープに野菜の栄養も溶けだしているから、ヘルシーで健康的♪

朝はパンだけという人も、パンを半分にしてスープストックを足してあげれば、カロリーを減らせて栄養もしっかり摂れます。

種類によっては、大きめにカットした野菜や押麦が入っています。

スープだけでも十分に食べごたえがあるから、健康意識の高い男性にもおすすめです♪

スープストックは体に悪くない!③:体が温まって水分も摂れる

スープストックは、食べるだけで体が温まり水分も摂れます。

特に朝は、温かいスープを飲むことで体の芯から温められ、内臓の働きが良くなります。

また水分は、体の老廃物をデトックスしたり、脂肪を燃やしたりする効果があります。

夏はもちろん、冬も意識して水分補給したいです。

スープストックは、生姜入りのスープもあるから体もポカポカに♪

準備で忙しい朝にスープストックがあると、手軽に温かいスープが楽しめますね!

スープストックは体に悪くない!④:国産野菜を多く使っている 

スープストックは体の安心・安全を考えて、原材料にかなりこだわっています。

国産野菜を多く使用しており、すべてのスープに食材の産地が書いてあります。

スープストックは、素材選びも妥協しません。

産地まで直接足を運び、生産者さんの思いを大切にしながら食材を選んでいます。

信頼できる食材を一番おいしいタイミングで使うから、中には開発に5年もかかったスープや、年に1週間分しか作れない貴重なスープもあるそうですよ!

素材にこだわりすぎているからこそ、美味しいスープを生み出せるんですね♪

スープストックは体に悪くない!⑤:素材の栄養を丸ごと摂れる

スープストックのスープは、素材の栄養を丸ごと摂れます。

じっくり煮込むことで、野菜の栄養や旨味がスープに溶けだすからです。

スープは消化にいいから、年配の人や食欲のない時にも取り入れやすいです。

食べる時は、冷凍スープを湯煎するか電子レンジで5分温めるだけと、調理もとっても簡単♪ 

冷凍庫にストックしておけば、急な体調不良の時でも慌てずにすみますね。

手軽に栄養満点なスープがとれるスープストックは、野菜不足になりがちな人にもぴったりです!

スープストックは体に悪い添加物をできるだけ抑えて作られていました!

スープストックは安心・安全を考えて作られているだけあって、添加物をできるだけ抑えて作られていました。

人気の8種類の中でも、添加物が含まれていたのは東京ボルシチだけです!

スープストックは、これまでに100種以上ものスープを作っていますが、添加物が入っていたのはたった9種類とごくわずか。

しかも、産地表示をしたり、化学調味料を使っていなかったりと、とことん健康を考えて作られています。

スープストックは厳選した素材だけを使っているから、誰でも安心して食べられますね♪

スープストックの原材料と添加物を一覧でチェック!

最後に、スープストックの原材料と添加物を見ていきましょう!

人気の8商品を一覧にしました。

商品名原材料
オマール海老のビスク野菜(玉葱、人参、セロリ、にんにく)、オマール海老ブイヨン〔オマールエビヘッド、野菜(玉葱、人参、セロリ、にんにく、パセリ)、トマトペースト、ワイン、トマト・ピューレーづけ、ブランデー、オリーブ油、大豆油、酢漬けタ
ラゴン、食塩、香辛料〕(国内製造)、牛乳、クリーム、トマトペースト、ワイ
ン、澱粉、ホタテブイヨン、バター、豚脂、カニブイヨン、食塩、はちみつ、
ブランデー、香辛料、(一部に乳成分・えび・かに・大豆・豚肉を含む)
東京ボルシチソテー野菜[野菜(玉葱、人参、セロリ、にんにく)、牛脂、菜種油](国内
製造)、牛肉、トマトペースト、ビーフブイヨン、チキンブイヨン、食塩、醤
油、香辛料 / カラメル色素(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)
とうもろこしとさつま芋のスープ牛乳(国内製造)、コーンペースト、さつま芋、クリーム、ソテーオニオン(玉葱、菜種油)、食塩、澱粉、香辛料、(一部に乳成分・大豆を含む)
東京参鶏湯鶏肉(ブラジル)、もち米、野菜(太葱、にんにく、生姜)、チキンブイヨン、食塩、香辛料、高麗人参、(一部に鶏肉を含む)
オニオンスープソテーオニオン(玉葱、バター、大豆油、乳脂肪)(国内製造)、ルー(小麦粉、パーム油)、チキンブイヨン、醤油、オリーブ油、食塩、魚醤加工品(いわし、鶏肉、食塩)、香辛料、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)
北海道産かぼちゃのスープ野菜(かぼちゃ、玉葱、人参)、牛乳(国内製造)、チキンブイヨン、クリー
ム、バター、食塩、香辛料、(一部に乳成分・鶏肉を含む)
ミネストローネトマト・ジュースづけ(イタリア製造)、野菜(玉葱、人参、セロリ、にんにく)、グリル野菜(ズッキーニ、赤ピーマン、黄ピーマン)、揚げナス(ナス、パーム油、食塩)、米、トマトペースト、オリーブ油、食塩、香辛料
生姜入り和風スープ野菜(玉葱、白葱、キャベツ、しいたけ、人参、ごぼう)、鶏肉、澱粉、生姜
酢漬、チキンエキス、みりん、押麦、醤油、野菜エキス、大豆油、乾燥昆
布、食塩、香辛料、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)

8商品の中で唯一、東京ボルシチに添加物が含まれていました。

スープストックは、素材本来の美味しさを大切にし、化学調味料や保存料をなるべく使わずに作られています。

原材料は野菜を中心に、肉や魚、香味野菜、昆布といった出汁になる食材も多いです。

大人気のオマール海老のビスクや参鶏湯など、家庭ではなかなか味わえない本格的な味を気軽に楽しめます。

種類によっては、大きめにカットした野菜や押麦が入っているので、食べごたえも十分!

季節に合わせたスープが楽しめるのも、スープストックのリピーターが多い理由です。

野菜たっぷりで体にやさしいスープストックを、自宅でも気軽に試してみてくださいね♪

スープストックは体に悪いのかについてまとめ

スープストックは体に悪いのかについてまとめました。

  • 人気8種類のうち東京ボルシチのみ添加物が含まれている
  • 化学調味料・保存料を使っていない
  • 原材料は国産野菜が中心
もぐうさ

スープストックは体に悪くないんだね!

みん

余計な添加物が入っていないから、安心して食べられるね♪

自然の旨味が溶けだしたスープストックで、健康的な食事を始めましょう!

タップできる目次