【330人の口コミ】BASE BREADおすすめの味ランキング

ベースブレッドは子供も食べられる?栄養と食育的に幼児も大丈夫なのか…。

ベースフードのおうちで給食
もぐうさ

ベースブレッドは子供や幼児も食べれるの?なんだか抵抗が…

みん

子供とベースブレッドの付き合い方を解説するね!

BASE BREAD(ベースブレッド)は、手軽に栄養を摂ることができるパンです。

ベースブレッドを子供に与える良い点と悪い点をサクっと見てみましょう!

良い点
悪い点
  • 学校給食のように栄養価が高い
  • 食品添加物が少ない
  • 親の負担が軽減される
  • 頼りすぎは食育に悪影響
  • 3歳未満は与え方に注意

ベースブレッドは学校給食のように栄養価が高くて添加物も少ないです。

とはいえ、毎食与えるなどの頼りすぎは食育に悪影響を与えることも…。

補助的にベースフードを取り入れて、子供の栄養を補っていきましょう!

\ 最安値はコチラ! /

美味しく健康的なカラダへ


目次

ベースブレッドは3歳の子供から大人と同じように食べられる!

もぐうさ

ベースブレッドは何歳から食べられるの?

みん

離乳食が完了すれば食べられるよ!

まず、ベースブレッドは何歳の子供から食べていいのか確認しておきましょう!

ベースブレッドは、全粒粉やもち米を含んでいて食物繊維量も多いので、通常のパンよりも慎重に与えるのが基本です。

子供の年齢別のベースブレッドの食べ方は次のとおりです。

年齢食べ方
0歳~1歳まで消化が難しいので与えない
1歳~1歳半頃柔らかく煮たものを1/3程度
1歳半~3歳頃柔らかめ・小さいめを半量まで
3歳以降大人と同じかたさを食べられる
BASEFOOD公式サイト参照

0歳の赤ちゃんにとってベースブレッドは消化が難しいので避けましょう。

1~2歳の子供にとっては噛みづらい場合もあるので、煮るか牛乳やヨーグルトなどに付けてふやかして与えるのもよいですね!

ベースブレッドは3歳を過ぎれば大人と同じように食べられます!

実際にネット上の声を見ていても、3歳頃から朝ごはんにベースブレッドを食べている子が増えている印象です。

ちなみにベースブレッドのシナモンにははちみつが入っているので、アレルギーには注意が必要。

あくまで年齢と食べさせ方は目安で、食事の進み方は子供によっては個人差が大きいです。

始めは様子を見ながら、少しずつ食べさせてあげましょう♪

\ 最安値はコチラ! /

美味しく健康的なカラダへ


ベースフードは子供の給食の代わりとしてもおすすめ

ベースフードのおうちで給食

ベースフードは、子どもの給食の代わりとしてもおすすめされています。

小学生や中学生の保護者に支持される理由を見ていきましょう!

ベースフードが子どもにおすすめな理由

ベースフードが子どもにおすすめな理由として、次の2つがあります。

  1. 食事摂取基準をもとに栄養計算
    学校給食のように栄養バランスがいい
  2. 原材料は自然材料が中心
    子どもの食事としても安心

ベースフードは食事摂取基準をもとに栄養計算されています。

そのため栄養士が考えている学校給食のように、栄養バランスがよいです。

また、原材料は自然由来の原材料が中心で、合成保存料や合成着色料は不使なのがポイント♪

栄養価と安全性が高いので、子どもにもおすすめされていますよ!

ベースフードは過去に「#おうちで給食」キャンペーンを実施

2020年4月以降、学校が臨時休校や時間短縮になり、給食に代わる昼食を各家庭で取ることが増えました。

特に小学生~中学生の子供を持つ親にとって、毎日の昼食づくりが増えると何を作ろうか悩んでしまうもの。

そこでベースフードは、2020年5月に「#おうちで給食」キャンペーンを実施して大反響!

1食を給食のようにベースフードにすることで、子どもの栄養面はもちろん、昼食を準備する保護者の負担も減りますね!

ベースブレッドは休校やテレワークで自宅で食事を摂ることが増えたのをきっかけに、一気にシェアを拡大しています。

1日3食も献立を考えてられない!というのが忙しい主婦の本音です。

ベースブレッドは大人も子供も美味しく食べられるので、昼食やおやつにぴったりですよ♪

\ 最安値はコチラ! /

美味しく健康的なカラダへ


ベースブレッドを子供や幼児に与えるときに気になる5つのこと

もぐうさ

子供が完全栄養食って、なんとなく抵抗が…

みん

メリットもデメリットもあるから、気になることをチェックしていこう!

完全栄養食※であるベースブレッドを子供や幼児が食べることは、少し不安になりますよね。

*1食2袋あたりで、栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、全ての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む

2児の母である私が実際に気になったことは5つあります。

先に結論を言ってしまうと、ベースブレッドには良い面も悪い面もあります。

子供の食育を考えると、ベースブレッド中心の食生活ではなく補助的に使いたい食品でした!

1つずつ詳しくみていきましょう!

①:子供の朝ごはんがベースブレッドのパンだけで栄養はOK?

ベースブレッドのプレーン

まず最初に気になるのが、子供はベースブレッドでちゃんと栄養が摂れるのかということ。

特に、時間のない朝をベースブレッドにできれば、パパママの負担が減りますよね。

ベースブレッドは完全栄養食なので、主食としての炭水化物(エネルギー)はもちろん、たんぱく質やビタミン、食物繊維もたっぷり含まれています。

詳しい栄養素については、ベースブレッドの栄養素・成分表を徹底調査|モリブデンが多すぎ?で解説しています。

また、ベースブレッドは噛みごたえがあるところも朝ごはんに適しているといえます。

朝食で大切なことは『よく噛んで食べること』です。『噛むこと』で脳が覚醒し活発になります。

早寝早起き朝ごはん協議会

理想の朝ごはんは、白ご飯・焼き魚・お浸し・味噌汁…のような献立です。

でも、作る余裕や子供が食べてくれないなどの悩みがあるなら、ベースブレッドの力を借りてみるのもいいですね!

みん

ベースブレッドなら朝ごはんがパンだけでも栄養満点!

②:ベースブレッドで子供が栄養の摂りすぎにならない?

ベースブレッドのプレーンとカレー

ベースブレッドは、大人が2袋食べると1日の1/3の栄養を摂ることができます。

栄養素がたっぷりすぎて、栄養の摂りすぎにならないのか心配ですよね。

ベースブレッドに限らず、ご飯はいろんな種類のものを食べるのが理想です。

いくら栄養があると言っても、納豆を1食3パックも食べると良いというものではありません。

ベースブレッドを食べすぎたからといって、いきなり体に害が出ることはないですが、子どもに合わせた適量を食べさせたいですね。

みん

ベースブレッドを取り入れつつバランスの良い食事を♪

③:ベースブレッドは子供が食べても安全な原材料?

ベースブレッドのプレーン

子供にベースブレッドを食べさせる上で、原材料や添加物も気になるところ。

ベースブレッドの主原料は小麦全粒粉で、小麦たんぱく・大豆粉・もち米なども多く含まれています。

食品添加物については、無添加ではないものの、プレーンとチョコレートはかなり少なめです。

詳しい添加物については、ベースブレッドは体に悪い?添加物と原材料の安全性の真実で詳しく解説しています。

小さい子供に人気のフジパン『アンパンマンのミニスナック』シリーズにも、膨張剤・香料・V.C・カロチン色素の4つ食品添加物が使われています。

ベースブレッドのプレーンは、酒精・調味料(無機塩)の2つだけなので添加物が少なくて安全性が高いことが分かります。

逆に、シナモン・メープル・カレーは、市販の菓子パンほどではないものの、ベースブレッドの中では食品添加物が多めです。

気になる人は、プレーンかチョコレートを食べさせるのがおすすめですよ!

みん

ベースブレッドは自然素材が中心だよ!

④:子供がベースブレッドを食べてくれる?

ベースブレッドのメープルとクリームチーズ

完全栄養食であるベースブレッドを子供が食べてくれるのかも、重要なポイントですよね。

我が家の子供たちは、大人の私が食べているパンは特別!っと思うようで、よく欲しがっています。

元々パンが好きということもありますが、ベースブレッドのプレーンをそのままでも食べてくれるので助かっていますよ♪

ベースブレッドの中で子供が好きな味は、チョコレートとメープル。

シナモンとカレーは大人向けの味で、プレーンは好みが分かれるといったところです。

ベースブレッドはアレンジの幅も広いので、ハンバーガーやフレンチトーストにするのもおすすめです。

アレンジレシピは、ベースブレッドのアレンジレシピ集|全種類の美味しい食べ方ぜんぶ紹介にまとめています。

万が一、子供のために買って食べなくても、大人も美味しく食べられるので消費には困りません。

みん

我が家ではまとめ買いしても取り合いになります♪

⑤:ベースブレッドでも子供の食育はできる?

ベースブレッドの5種類のパン

ベースブレッドを子供に食べさせるときに気になることの最後は、食育についてです。

文部科学省が「食育で身につけること」として、次の6つを挙げています。

・食べ物を大事にする感謝の心

・好き嫌いしないで栄養バランスよく食べること

・食事のマナーなどの社会性

・食事の重要性や心身の健康

・安全や品質など食品を選択する能力

・地域の産物や歴史など食文化の理解など

文部科学省

ベースブレッドでは、「好き嫌いしない」「食事マナー」「地域の産物や食文化」などの項目が不十分と思われます。

食育の観点からみると、ベースブレッドさえ食べさせれば栄養はOK!という考え方は、少し違っていますね。

とはいえ、1日3食とも食育を意識するのは難しいし、好き嫌いをせずに何でも食べる子供の方が珍しいです。

ベースフード頼みになりすぎないように、補助的に使うのが一番といえます!

  • 子供が思うようにご飯を食べてくれないとき
  • 忙しくて栄養のあるご飯を作る余裕がないとき
  • 体調不良や非常時の備えとして
  • 子供がベースフードに興味を持ったとき

忙しくてつい外食やファストフードを与えてしまうなら、ベースブレッドは添加物も少なくて栄養価も高いです。

また、ご飯を作っても子供が偏食でパンなら食べてくれる…という場合にも頼れる存在になりますよね。

ベースブレッドも食品の1つとして、子供の食事に上手く取り入れていけるといいですね♪

\ 最安値はコチラ! /

美味しく健康的なカラダへ


子供とベースブレッドを食べている人の声

実際にベースブレッドを子供と一緒に食べている人はたくさんいます。

2021年9月12日~9月16日にネット上でアンケートをしてみたところ、次のような声がありました。

手軽に食物繊維や鉄分などが摂れるので、とてもいいと思います。朝など時間がない時にも活用できて子どもも喜んで食べれる味なので満足してます。
(女性 )

全粒粉のパンというだけあって、しっとりした食パンなどと比べればパサつきを感じるが、食べる目的が体の健康のためだったのでじゅうぶん満足できました。チョコレートを食べましたが、くどい甘さが無く、かといって味気ないわけでもないので、子供と一緒においしく食べることができました。次はシナモンを試してみたいです。
(女性 )

子供とベースブレッドを食べたと回答している2人は、どちらも高評価をつけています。

  • 子供が喜ぶ味
  • 一緒に食べられる
  • 時間がない朝でも便利

子供が喜んで一緒に食べてくれることは、家族の食事で大切です。

時間がない朝は、つい栄養が偏ってしまう…という人も、ベースブレッドがあれば安心ですね♪

子供がベースブレッドを食べることについてまとめ

子供がベースブレッドを食べることについて解説しました。

  • 3歳から大人と同じように食べられる
  • 手料理をメインに補助的に使うのがベスト
  • 体調不良時や非常食としても役立つ
もぐうさ

平日の朝ごはんはベースブレッドにしようかな!

みん

家族で食べると子供も楽しいね♪

ベースブレッドを普段の食事に上手く取り入れて、子供の栄養を補っていきましょう!

\ 最安値はコチラ! /

美味しく健康的なカラダへ


目次
閉じる