【330人の口コミ】BASE BREADおすすめの味ランキング

ゼンブヌードルの栄養素と成分表を徹底調査しました!

ゼンブヌードル
もぐうさ

ゼンブヌードルの栄養素が詳しく知りたい!

みん

栄養成分表示を他の食品と比べてみたよ!

ゼンブヌードルは豆の栄養がうす皮までまるごと摂れる麺です。

通常のパスタと比べると、不足しがちな野菜が摂れることが分かりました!

罪悪感なく食べられるゼンブヌードルで、麺類を美味しく楽しみましょう♪

Amazonからも購入OK

目次

ゼンブヌードルの栄養成分表示をチェック!

ゼンブヌードルにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

まずは、1食あたりの栄養成分表示の一覧は次のとおりです。

栄養素含有量1日の必要量に
占める割合
エネルギー261kcal11%
たんぱく質13.0~16.6g16~21%
脂質0.9~2.5g2~4%
n-3系脂肪酸0.1g6%
n-6系脂肪酸0.6g6%
炭水化物49.8~55.1g15%
食物繊維9.9~13.6g52~72%
食塩相当量0~0.05g0~1%
4.8mg68%
カルシウム63.3mg9%
カリウム832mg30%
マグネシウム95mg29%
0.42mg46%
亜鉛2mg23%
リン285mg31%
ビタミンB10.47mg40%
ビタミンB20.06mg5%
ビタミンB60.10mg8%
ビタミンK2.4μg2%
※参考:栄養素等表示基準値
18歳以上の男性の値

ゼンブヌードルは、うどんやご飯より糖質オフで、不足しがちな野菜を摂ることができます。

いつもの麺をゼンブヌードルに変えることで、たんぱく質や食物繊維が摂れますね!

ゼンブヌードルに含まれる栄養素の一部について見ていきましょう!(参考:「キッチン栄養学」宗像伸子)

①:たんぱく質

たんぱく質は、体を構成する重要な成分です。

皮膚・筋肉・臓器など体の構成成分で、筋肉をつくるだけでなく脂肪を燃やす働きもあると言われています。

免疫抗体・酵素・ホルモンにもなるため、不足すると体力や免疫力の低下を招くことも。

ゼンブヌードルは黄えんどう豆100%でできているため、植物性タンパク質が摂れます。

ごはんより3.6倍ものたんぱく質が含まれていますよ!

みん

ゼンブヌードルは主食でたんぱく質が摂れるのが嬉しい!

②:食物繊維

食物繊維は、日本人に不足しがちと言われている栄養素の1つです。

腸内環境を整えるはたらきのある食物繊維は、便秘の予防や解消が期待できます。

体に老廃物を貯め込まないことで、肌荒れが治ったという人もいますよ。

また、食物繊維が不足することで、心筋梗塞や生活習慣病の発症率が高まるリスクも…。

食物繊維にはコレステロールの吸収を妨げて排泄を促したり、血糖の急上昇を抑えるはたらきがあります。

ゼンブヌードルにはご飯より6.3倍食物繊維が含まれていますよ♪

みん

食物繊維は意識して摂るのが難しいから助かる!

③:鉄

鉄は、体内の血液を構成する重要な栄養素です。

特に女性は鉄分不足になりやすく、不足すると鉄欠乏性貧血になることも…。

鉄分が多い食品としてはレバーなどが挙げられますが調理が難しく、サプリメントで補給している人も多いです。

とはいえ、食事の中で鉄分を摂れるに越したことはありません。

豆製品には鉄分が多いので、進んで食べたいですね。

みん

自然由来の食品で鉄分が摂れるのは嬉しい♪

④:ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーに変えるサポートをします。

代謝に関わる栄養素なので、美容のためには特に意識的に摂りたいですよね!

また、ビタミンB1が不足するとエネルギーの供給が上手くいかず、疲れやすくなってしまうこともあります。

みん

ゼンブヌードルで不足しがちな野菜が摂れる!

ゼンブヌードルにはポリフェノールやレジスタントスターチも含まれている!

ゼンブヌードルには、栄養成分表示に記載されない重要な栄養素も含まれています。

  • ポリフェノール
  • レジスタントスターチ

ポリフェノールは、美意識が高い人は進んで取り入れていますよね。

また、レジスタントスターチはデンプンの一種で、満腹感が出やすいため食べ過ぎを防げますね!

ゼンブヌードルは主食でありながら、豆の栄養がうす皮までまるごと入ってるので、たんぱく質や食物繊維が摂れることが分かりました!

栄養素の吸収を妨げる添加物も入っていないところもポイントですね!

ゼンブヌードルの原材料は、ゼンブヌードルの原材料|遺伝子組み換え・添加物は?で紹介しています。

いつもの麺をゼンブヌードルに変えるだけで簡単に取り入れられるので、始めてみましょう♪

Amazonからも購入OK

ゼンブヌードルにの栄養素を通常のパスタと比べてみた!

ゼンブヌードルは不足しがちな野菜が摂れることが分かりました。

通常のパスタとどれぐらい違いがあるのか、一覧で見てみましょう!

ゼンブヌードルの方が1.5倍以上の栄養素については、赤字にしています。

栄養素ゼンブヌードル通常のパスタ
エネルギー261kcal302kcal
たんぱく質13.0~16.6g10.4g
脂質0.9~2.5g1.8g
n-3系脂肪酸0.1g0.05g
n-6系脂肪酸0.6g0.85g
炭水化物49.8~55.1g57.8g
食物繊維9.9~13.6g2.2
食塩相当量0~0.05g
4.8mg1.1mg
カルシウム63.3mg14.4mg
カリウム832mg160mg
マグネシウム95mg44mg
0.42mg0.22mg
亜鉛2mg1.2mg
リン285mg104mg
ビタミンB10.47mg0.15mg
ビタミンB20.06mg0.05mg
ビタミンB60.10mg0.09mg
ビタミンK2.4μg10.4μg
※参考:栄養素等表示基準値
カロリーSlism
1食80gあたり

ゼンブヌードルは通常のパスタに比べて、たんぱく質・食物繊維・ミネラルなどが豊富がことが分かります。

付け合わせや副菜で栄養を摂ろうとすると、献立を考えるのが大変!

ゼンブヌードルなら、麺を変えるだけ不足しがちな野菜が摂れるのが嬉しいですね。

簡単に食事に取り入れられるゼンブヌードルはチャレンジしやすいですよ♪

ゼンブヌードルと合わせてB群以外のビタミンを摂りたい!

ゼンブヌードルは食物繊維やタンパク質の他にもビタミンB群が含まれています。

その反面、B群以外のビタミンは少ないので、これらの栄養素はアレンジや補食で補いたいですね。

  • ビタミンA:レバー、焼きのり、卵
  • ビタミンC:キウイ、イチゴなどのフルーツ
  • ビタミンD:しらす、いわし、サンマ

ビタミンAは卵、ビタミンDはしらすを使ったアレンジがおすすめです。

スープヌードルや和風パスタ、卵かけヌードルに良く合いますよ♪

デザートにフルーツを付ければさらに多くの栄養素が摂れます。

色合いも華やかになって、楽しい食事になりますね!

ゼンブヌードルの栄養素と成分についてまとめ

ゼンブヌードルの栄養素と成分についてまとめました。

  • 主食でたんぱく質と食物繊維が摂れる
  • 鉄・ビタミンB1・ポリフェノールも含まれる
  • 豆の栄養が薄皮までまるごと摂れる
もぐうさ

いつもの麺をゼンブヌードルに変えるだけなら取り入れやすいね!

みん

パスタはもちろん、焼きそばやラーメンにもOKだよ♪

今話題のゼンブヌードルを食事に取り入れてみましょう!

Amazonからも購入OK

目次
閉じる